遅ればせながら節分行事!

特別養護老人ホーム
スポンサーリンク

ども!特養棟1階介護主任の古門です。
今回、はじめてこちらのホームページの記事を更新させていただきます!よろしくお願いします!

 

現在、特養棟では入所者の方々に楽しんでいただける行事に、今まで以上に力を入れて行っています。
皆さんに季節を感じていただける行事を張り切ってやっていこうと思っています。

さて、そんなわけで今月は節分行事を行いましたよ!
節分と言えば豆まき。ですが、当園の今年の節分はひと味違いますよ!

 

まず鬼が半裸。

 

皆さんの前に登場する直前のダブル鬼ちゃんズ。
副業っす。

 

ピンク鬼「上半身裸は寒いですね」
アフロ鬼(私)「これから、みんなの冷たい視線でもっと寒くなるよ」

行事の内容も、ただ鬼に豆を投げるだけではありません!
入所者の方たちには数人ひと組のチームになっていただきまして、鬼が持ったカゴめがけて玉
をポイポーイ!っと。

 

席を立ってカゴに直接ダンクシュートを決める方、職員と共に床に落ちた玉を拾ってくださる方、鬼に向かって玉を投げつける職員…。
いろいろでした。

 

そうして3分間で入った玉の数を数えます。
運動会の玉入れのときのように、みんなで声を合わせ
「ひとーつ!ふたーつ!」

 

カゴから投げた玉を再びカゴに戻してくださる入所者さんの図。
THE永久機関。

 

そんなこんなで各チームの玉の数を集計。
どのチームも大健闘で、かなりの接戦となりましたよ!

ゲームの後は節分らしく、鬼に豆を投げて厄払い。
入所者の皆さんの分も職員が思いっきり投げてくれました。

 

鬼ちゃんズよりも、豆を投げつけるときの職員の顔の方がよっぽど鬼、というのはよくある話。

 

最後は入所者さんたちに大豆を食べていただいて、無事に節分行事を終えることができました。

いつもとはひと味もふた味も違い、文字通りひと肌脱いだ行事だったのでどうなることかと思いましたが、職員、入所者の皆さんのご協力のおかげで大変盛り上がりました!
ありがとうございました!

 

当園特養棟では、これからもこういった参加型の行事をどんどん行っていきたいと思っています。
それらの行事は入所者の方々だけでなく、ぜひ入所者のご家族やご関係者の方々にもご来園いただいて、一緒に楽しんでいただければと考えています!
皆さまのご来園、心よりお待ちしております!

 

あと、ご来園の際は「ホームページを見た」で私古門が半裸になるっす。
ウソっす。
待ってまっす。

タイトルとURLをコピーしました