どうか、専門職としてハピネスに集まる仲間にお願いがあります。それは

ハピネス 苅田町認知症介護専門推進委員会
スポンサーリンク

皆さま今年もお世話になりました!
今年は一度も学習会を開けず申し訳ございません。

少し長文になります。ご容赦下さい。

 

我々の仕事は『介護』という手法を用いて、世の中をハッピーにすることだと思います。

しかし、最近ではコロナや人手不足により、ココロをなくした専門職を多くみます。

ココロを無くした状態とは?

ココロを無くした専門職がとる行為に1番多くみられれのは、『愚痴』です。

 

愚痴を吐く事で、【考える】という行為を止めてしまいます。

愚痴を吐く事で、無意識の内に精神的に自分を追い込んでしまいます。

一見、愚痴や不満を吐く事でスッキリした感覚になりますが、一時的なもので直ぐに同じことの繰り返しとなります。

 

我々に必要なことは、愚痴や不満ではなく、『意見』を持つ事です。

どうか、専門職としてハピネスに集まる仲間にお願いがあります。

それは、思考を停止させないこと。

 

ピンチの時こそ、思考を停止させず考え続けること。1人でダメなら仲間を頼り、相談すること。

その先にしか活路は見いだせません。

 

どんなに考えても活路が見いだせない時は今の自分に力(力こぶ)がないだけです。それを自覚し、あらたな行動を始めなければなりません。

そんな場を来年は創れればと思います。誰かを批判したり、不満をたれる暇があれば、どうか思考をフル活動させて下さい。

その習慣が必ず皆様の専門性の向上に繋がると信じています。

 

でもでも、疲れた時は弱音ははいて下さいね。頑張りすぎた時は休憩もちゃんとして下さいね!

長くなりましたが最後まで呼んで頂き感謝します。

2021年が会員の皆様にとって笑顔溢れる1年になりますように🐄

 

※1月の学習会は開催予定です。
1月の第3週にコロナ罹患者が累計して10人をこす場合は中止と致します。残り〆切10名。
タイトルとURLをコピーしました