研修&ソフトバレー&講座

コラム カミムラ
スポンサーリンク

h27.6.27(土)

6.26 午後より他施設の介護職員40名程度に向けて研修をさせて頂きました。

テーマは『認知症の理解と心地よく過ごせるケアについて』、90分の内容です。

 

研修では、仕事に誇りを持つことの重要性を少しでも伝えられたら、と思いながらお話をさせて頂きました。

園内研修と違って、外部研修を行うのは難しいなーっと改めて感じました。

各事業所には、それぞれいろいろな課題があって、それらをを解決するヒントや答えはその事業所にしか存在せず、
研修は課題解決のためのヒントにしかならないと思っています。

 

研修に参加した方が実践に活かすつもりがなければ研修の意味がないということです。
馬の耳に念仏ということになってしまいます。

そんな中でも、一生懸命研修に取り組んでくれる職員の方が多くいてくれてこちらの気持ちも熱くなりました。

小山看護課長さん・部長さんをはじめ職員の皆様ありがとうございました。

 

また、研修終了後にはたくさんの職員さんと話すこともできて有意義な時間を過ごさせて頂きました。
お話をしたいっと言ってくれた職員さんも遠慮なくご連絡くださいヽ(^。^)ノ23-7117((笑)

 

その2時間後、京築地区の全特養が集まってのソフトバレー交流大会がありました。

施設長からのプレゼント『ユニホーム』をきて、いざ出陣です!!

 

白川園からは2チームの参戦です。

32チームでの予選からスタートです。まずは本線突破を目指して!!

 

デイサービスや事務、厨房、特養職員、ちびっ子達のたくさんの応援も来てくれました!

怪しい男性は『デーモン化閣下』に化けたデイサービス相談員です。恒例化してよその職員と一緒に写真撮ってました!

 

みなさん熱すぎる応援ありがとうございました(#^.^#)

そして結果は、

 

奇跡的に2チームとも本戦に突破したもののベスト4とベスト8にて敗戦(-“-)

 

本戦ともなると交流というより、争いに近いものがあります(笑)

運営の施設長・相談員の皆様お疲れ様でした。

そして、今日は認知症サポーター講座を苅田町有償ボランティア 虹の会の皆さんに行ってきました。

 

会員の方の日々の活動に頭が下がる思いです。今後とも地域の為に共によろしくお願いします。

 

とても有意義な熱い週末を過ごさせて頂きました。

タイトルとURLをコピーしました