介護職員が営業マンだったら。

スポンサーリンク

h.27.6.10 (水)

暑い季節になってきました。この時期は気温の上下が大きいため体調を崩しやすいです。
脱水症状などに気をつける時期ですね。

 

さて、介護報酬改正による手続きなどが落ち着いてきたなぁーと思ってたら・・・・
7月7日に監査が入るよ!!と通知が来ました(-“-)オぇ~

ちゃちゃっと書類整理をして、七夕に備えます。適正に運営が行われているか、第三者からチェックしてもらえる
良い機会です。(と、ポジティブに考えます)

 

同時に、6月の末に外部講師として当園に職員の派遣依頼を頂きました。
テーマは「認知症の理解と心地よく過ごせるケア」について介護職員60名程度に研修を行ってほしいという事です。

講師依頼を下さったのは、Y病院の看護課長さんで(HPにUPすることを伝えてないのでイニシャルで・・)とても医療・看護・福祉に熱心な方です。当園にもセラピューテックケアのボランティアで定期的に来ていただいています。

 

当日は介護と医療の連携の必要性や認知症ケアの落とし穴について研修(一緒に勉強)をさせてもらおうと思います。当日は宜しくお願いします。

もし介護職員が営業のセールスマンだったら、あなたの営業(能力)成績はどうなる?

良質な介護サービスを求める顧客に対して、

自分の知識や技術、経験を武器に自分の提供する介護サービスを売り込むことはできますか?

 

心地よくすごせる環境づくり!!

(優秀な営業マンは正当な評価がないと働かない・・・)

タイトルとURLをコピーしました